イタドリの成分

寒暖差からくる節々の痛み

寒暖差の激しくなる季節、朝昼の気温差が大きく変化すると
身体の調節が思うように順応しなくなることがあります。

 

こんな季節は注意が必要です。

 

寒暖差

 

 

陽気の良い昼間では身体もスムーズに動き回れても、日が落ちてくると急激に寒さが戻り血液の循環が滞るようになります。ぽかぽか陽気でも、日陰や風が出てくるような状況でも同じです。気温が下がると血管はキュッと絞られ筋肉も硬くなります。そのまま活動してしまうと膝や関節など少しの無理で大きな負担をかける原因になってしまいます。

 

年を重ねるうちに柔軟さは失われますから一度痛み出すと厄介です。

 

軟骨成分の補給

 

関節や軟骨の柔軟さが気になり、コラーゲンやコンドロイチンなど
補給目的で色々なサプリをお探しの方も多いと思います。

 

関節痛でお悩みの方や、柔軟さを高めたい方の補給にオススメなのが、「ノムさんのふしぶしサプリ マイケア」。軟骨を構成するグルコサミン、U型コラーゲン、コンドロイチンなどの成分のほか、気になる痛みにオオイタドリと呼ばれる古来から薬草として使われている成分を配合。立ったり座ったりする度に違和感のある方や、歩くと節々が気になる方のサプリメントです。

 



関連ページ

オオイタドリとは?
イタドリの主成分である北海道産「大痛取(オオイタドリ)」の効果
コラーゲン摂取量の目安
健康で若々しい身体に必要なコラーゲン摂取量の目安や、身体の中に蓄えられているコラーゲン量の比率。コラーゲンの劣化による老化について。
軟骨の栄養
イタドリに含まれている軟骨の栄養成分についてや、老化の原因である酸化や糖化などコラーゲンとの関わりを解説しています。
コラーゲンと痛みの原因
コラーゲンを包む筋膜のよじれからくる痛みやコリの原因と取り方。

オオイタドリとは? コラーゲン摂取量の目安 軟骨の栄養 コラーゲンと痛みの原因 寒暖差