コラーゲン摂取量の目安

コラーゲン摂取量の目安

コラーゲンの摂取量の目安は、1日約15gの摂取が推奨されています。
骨や関節では1日10g、肌には1日5g程度でプラスの作用が見られるとのデータもあるようです。

 

ただし、コラーゲンが身体の中に入って有効に作用する期間はわずか1日

 

コラーゲンを上手に摂取するためには、
コラーゲン生成を助ける素材を毎日欠かさず供給することが肝心です。

 

コラーゲンの体内量

 

コラーゲンは私達の身体にとって欠かせないタンパク質の1つです。

 

水分とタンパク質

 

タンパク質は人間の筋肉や身体を作るに不可欠な栄養素ですが、
人間の身体を体重比で見ると約60%が水分、その次に多いのがたんぱく質になり体重の20%を占めています。その他、脂肪約15%、カルシウムなど5%となっています。

 

 

体全体の20パーセント占めるタンパク質のうちコラーゲンは30%になります。例えば体重50kgの人ではタンパク質が10kg、その内コラーゲンは3kgです。

 

 

人の体の中でコラーゲンが最も多く集まっている部分は皮膚です。
全コラーゲンの40%を占めています。次に多いのは骨や軟骨で全コラーゲンの10%〜20%です。

 

 

その他、内臓や血管などにもコラーゲンは広く存在します。

 

 

また、細かく見てみると細胞同士を結びつける接着剤のような働きを担っているのもコラーゲンの重要な役割の一つです。

 

コラーゲンの劣化

 

このコラーゲンが減少したり劣化が進むと細胞同士のバランスが崩れた状態になり老化現象を引き起こす原因となってしまいます。

 

肌荒れ、シワ、たるみ、メタボの原因です。

 

人の体は常に代謝を繰り返しています。コラーゲンも同様に分解と合成が繰り返し行われ代謝されています。
しかし加齢と共ににそのスピードが徐々に衰え、コラーゲン量は50代では20代の時の約70%まで減少してしまうと言われています。しかも量が減るばかりか質も徐々に劣化していくことになります。

 

年齢とともに肌のハリやつやが無くなったり体の節々が痛むなどこれらの原因は、コラーゲン不足という理由もありますが、代謝が弱まり劣化したコラーゲンの量が増えていくということにあるようです。

 

コラーゲン補給

 

食品では豚骨スープ、鶏の皮や豚足といったぷるぷるした食感のものにコラーゲンは多く含まれていますが、毎日コラーゲン入りの食品を摂り続けるのも大変です。
効率よくコラーゲンを摂取するには精製されたコラーゲンサプリを飲むのもおすすめです。

 

マイケアのイタドリに含まれているコラーゲンは低分子のU型コラーゲン。低分子のためコラーゲン生成に必要な成分を体の隅々にまで届けやすい状態で精製された鶏由来のコラーゲン。TVでも放映されて話題になりました。

 

野球監督の野村克也さんもご推薦です。

 

マイケアのイタドリ

 

節々を和らげるオオイタドリ成分、コンドロイチン、国内精製のグルコサミンなどバランスよく配合されているサプリです。

関連ページ

オオイタドリとは?
イタドリの主成分である北海道産「大痛取(オオイタドリ)」の効果
軟骨の栄養
イタドリに含まれている軟骨の栄養成分についてや、老化の原因である酸化や糖化などコラーゲンとの関わりを解説しています。
コラーゲンと痛みの原因
コラーゲンを包む筋膜のよじれからくる痛みやコリの原因と取り方。
寒暖差からくる節々の痛み
寒暖差からくる季節痛、関節の痛みや節々の痛みについて

オオイタドリとは? コラーゲン摂取量の目安 軟骨の栄養 コラーゲンと痛みの原因 寒暖差