変形性股関節症などのふしぶしの痛みの原因や予防

股関節の痛みの原因とは?

椅子から立ち上がる

 

椅子から立ち上がったり動き始める前に股関節に痛みを感じることがありませんか?

 

腰を支える骨盤と足の付根にある大腿骨、これをつなぐ足の付け根の可動部を股関節と呼びます。

 

股関節は体重を支えるという重要な役割があり、歩いたり座ったりしゃがんだりできるのもこの股関節があるからです。日常生活で普段何気なく行っていることですが、そこに股関節は大変重要な役割を果たしています。

 

日々の暮らしの中でとても大切な股関節なのですが、何らかの事情でここに痛みを感じることがあります。立ったり座ったりすることで関節に過度な負担がかかってしまうことも少なくありません。

 

股関節は片足で立つと体重の約3倍から4倍の負担がかかり、また歩く時は普段の10倍の体重が関節部分に集中すると言われていますので無理を重ねないことが重要です。

 

痛みを引き起こす代表的な症状として変形性股関節症というものがあります。

 

 

変形性股関節症

 

テレビ番組の解説によると股関節の病気を持つ人は全国で400万人から500万人くらい、そのほとんどが変形性股関節症だと言われています。また、年代は40代から50歳代の女性が多く発症するという傾向にあります。専門医のお話では、受診される患者さんの多くは痛みを感じてから病院に来るため、受診時にはすでに症状が進行していることが多いようです。

 

股関節に痛みを感じる方の多くは、足の付け根に鈍い痛みを感じたり歩くのが辛く感じるそうですが、痛みを感じて病院に向かった時にはすでに進行していて、元の状態に戻すのが困難な場合もあるようです。

 

そうなってしまう理由の一つに症状が出にくいということがあります。股関節の場合、他の関節と違って少し深い所に位置しています。多くの筋肉や靭帯に囲まれていて症状が出にくくなるのだそうです。

 

日頃から注意深く異常がないかチェックしておくことも大切です。

 

変形性股関節症のサイン

 

変形性股関節症の症状として、股関節の痛み、股関節の違和感などの他、お尻の痛みや太ももの痛み、膝の痛みなど少し離れたところに出ることがあるそうです。あぐらを組んだり座って爪を切ったりするのが少し困難に感じた時は注意が必要かもしれません。

 

 

また、歩く時に無意識に肩が左右に揺れて歩くという変形性股関節症の特徴もあるそうです。
お連れの方とお互いに揺れていないかチェックし合うのも大事ですね。

 

股関節痛みの原因

 

股関節は骨盤と大腿骨の2つの骨をつなぐ部分にあります。それぞれの骨の関節部分には軟骨がありクッションとしての役割と関節の滑りを良くする働きがあります。

 

この軟骨が十分機能することで関節がうまく動いてくれて歩いたり座ったりがスムーズに行えるのです。

 

変形性股関節症の人の多くは、この軟骨の部分が何らかの理由ですり減ってしまい、
周りの骨が削られることによって炎症を起こしてしまい痛みを感じるようになるのです。

 

軟骨がすり減る大きな理由は、重い荷物を運んだり重い体重を支えたり。つまり肥満や重労働などで股関節に過度な負荷がかかることが原因の一つとしてあげられています。
その他にも無理な運動や激しいスポーツなどでも軟骨がすり減る原因となっています。

 

また、子供の頃から先天的に骨の形の異常があって、それが原因で軟骨がすり減ってしまうというケースも多く見られるそうです。これは日本人には比較的多いと言われているものですが、股関節の一部の発育不足による臼蓋形成不全と呼ばれる先天性の病気です。臼蓋形成不全は大腿骨の可動部分を覆う骨盤のカバー部分のうち 1/3ほどが未発達のまま短くなっている状態です。

 

この状態では支えが短い分、残りの部分に負荷が集中してしまいます。歳とともに耐久力が落ちてすり減りやすくなるということです。

 

 

すり減った軟骨は元に戻せるの?

 

一旦すり減った軟骨は残念ながらほとんど元に戻すことができないそうです。 ですからできるだけ早期の治療が大切になります。

 

変形性股関節症の進行具合は大きく分けて4つの段階があります。

 

変形性股関節症の進行具合

 

前股関節症

 

この段階では軟骨はほぼ正常な状態です。ただ 大腿骨の可動部分を囲う周りの部分が先天的に短い状態の場合があります。そのため骨に負荷がかかり痛みが出やすくなっている状態かもしれません。また股関節の大腿骨のジョイントの丸い部分が少し変形し楕円形になっている場合にも痛みが出やすくなることがあるそうです。

 

 

初期

 

初期状態になると軟骨が少し痛んで見えて、周りの骨の部分にも少し影が見える状態です。
この頃になってくると痛みが気になり始める状態です。

 

しかし、この時期ではあまり症状が強く出ないため初期のうちに受診される方は少ないそうです。

 

進行期

 

軟骨がかなりでこぼこした状態になりはじめます。周りの骨も削られていき、軟骨の周りの骨も骨嚢胞と呼ばれる穴があいたような黒いシミが現れ始めます。

 

末期

 

股関節症の末期になってくると軟骨と呼ばれる部分は全くなくなってしまい股関節が動かしにくくなってしまいます。周囲の骨も黒くくすんでしまったように見え、動かす度に骨同士が擦れあい痛みがひどい状態です。

 

ここまで進行してしまうと立ったりしゃがんだりするのが苦痛になってきて日常生活もかなり辛くなります。

 

症状がひどくならないためにできること

重いものを持つ

 

変形性股関節症は、日常生活の中で重いものを持ったり重労働をしたりすることで少しずつ進行していくものです。ですから、日常生活で股関節にかかる負担をできるだけ減らすことが重要になってきます。

 

生活改善策として、立ったり座ったりを多く繰り返してしまう和式の生活を洋式の生活に改めるのも一つの方法だといわれています。

 

深く座っている状態から立ち上がる時などは椅子に座るよりもかなり負担が強くかかってしまいます。非常に大きな力が軟骨にかかってしまうのでこれを日常の中で出来るだけ少なくするということが重要です。

 

ベッドや洋式トイレ椅子などを使うことによって関節の可動部分を出来るだけ少なくするという効果があります。

 

もう一つひどくならないためにできることは無理のない歩行です。
歩く時にも股関節には大きな負担がかかります。
最近では生活習慣病の予防のために歩くことが推奨されているようですが股関節の悪い人にとってはかえってマイナスになることもあります。

 

歩く時はゆっくりマイペースで歩き、また10分から15分に1度は休息を入れるなど周りを保護している筋肉を疲れさせないことも大切です。
痛みが出てきた時は無理をせず車で移動するなど十分に休息することがすすめられています。

 

 

スーパーなどに買い物に行って重い買い物袋を片手で持って歩く時、これも意外と股関節に負担をかけることがあります。 荷物を持つときは10キロ以内とし、重いものを持つときはカートを使う方が安全です。

 

 

変形性股関節症で病院を受診した時に出されるお薬

お薬

 

根本的な治療ではなく痛みが強い時のお薬として、痛みを和らげる非ステロイド性の抗炎症薬が出されるそうです。内服タイプや外用薬、座薬などで処方されることもあるようです。これは股関節の炎症を抑えることで痛みを和らげるものですね。

 

 

さいごに

 

症状を悪化させないためには早期発見が大切です。
できるだけ早く症状を察知して早めの受診が肝心ですね。

 


オオイタドリとは? コラーゲン摂取量の目安 軟骨の栄養 コラーゲンと痛みの原因 寒暖差